HOME > まつげコラム > 世界記録は8.83cm!まつ毛の事あなたはどれだけ知っていますか?

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートに入れる
ikul

Q-Rコード

スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

世界記録は8.83cm!まつ毛の事あなたはどれだけ知っていますか?

まつ毛のことについて、どの程度知っていますか?
特に女性は、まつ毛パーマやまつ毛エクステンション、マスカラに美容液等、様々なアイテムを使い、日々、まつ毛に向き合っているのですから、本当なら誰よりもまつ毛を愛し、詳しく知っていなければいけないところ。

しかし、そんなことは全くおかまなしで、まつ毛に強いストレスのみを与え続けているの方が、多いのはないでしょうか。
まつ毛の長さ、濃さ、質によって、顔の印象は大きく左右されるというのに、正しいケアを一切せず、そのままダメージを与え続けていては、残念で取り返しのつかないまつ毛になることは、確実です。

そうなってしまうと、まつ毛本来の機能さえも失ってしまうので、改めて、まつ毛について理解を深めるようにしましょう。

【まつ毛とは】

まつ毛は、哺乳類、あるいはそれ以外の動物にも存在する毛で、他の部分に生える毛よりも太く、長さがほぼ均一に整っているのが特徴的です。
埃や異物等の外的要因から、目を守るために生えており、上眼瞼のほうが、下眼瞼よりも長く伸びています。

さらに、ねずみや猫のひげと同じように、あらゆることを瞬時に察知する能力に優れています。
これは、毛根にある知覚神経による反応で、角膜や結膜に埃や異物が入る前にキャッチし、反射的に眼を閉じるなどの行動をも司っているのです。

大切な目を守るために、日々尽力しているまつ毛ですが、その周りの皮膚は、体の中でもっとも薄い、皮下組織であるため、細かい動きに対応できるものの、すぐにダメージを受けやすいというデメリットがあります。

泣いたり、こすったり、蚊や虫に刺されたりするとすぐに膨れたり、かぶれたりするのは、それが原因です。
大変デリケートなまつ毛、その周辺の皮膚ですから、それに適したケアが必要です。

【まつ毛の本数はどれくらい?】

日本人の平均的なまつ毛の長さは、約10mm程度で、上に100本から160本、下に50本から80本程度生えています。
外国人と比較すると、やや短く、本数にすると20%ほど、長さでいうと、およそ3mm程度も短いと言われています。

さらに、日本人のまつ毛は、長さが短い上にカーブが弱い為、目元のメリハリが弱く、日本人特有の、のぺっとした、やや寂しい印象になってしまうのです。
ちなみに、日本人の子どもの中でも、まつ毛が平均値よりも異常に長く伸びているお子様が存在しますが、アレルギー体質である可能性が高いとも指摘されています。

これは、砂漠で生活するラクダのまつ毛が長いことと同じであると考えられ、健康な人間の目よりも外的刺激に対する目の反応が弱く、埃や異物、紫外線から目を守ろうとするまつ毛の無意識の反応から、長く伸びていると思われます。

【どのくらいまで伸びるの?】

髪の毛と違い、毛周期が短い期間で繰り返される為、伸びてせいぜい、8mm前後がやっとです。
通常3ヶ月程度の成長期を終えると、まつ毛の伸びは、ストップし、その後休止期、退行期を向かえ、また新たなまつ毛の成長が始まります。

体質、生活スタイル、遺伝、その他の影響を受け、伸びるスピードに個人差はありますが、成長期に最長6mmから8mmほど伸び、その後の2ヶ月から4ヶ月は成長をストップ、その後ゆっくりとまつ毛が抜け落ちるのが、一般的なまつ毛の毛周期です。


ちなみに、世界ギネス記録に登録されている「もっとも長いまつ毛を持つ男」の長さは、8.83cm!!
単位は「mm」ではなく「cm」だから、本当に世界びっくり人間ですよね。

そこまで長いまつ毛は、もはや邪魔な存在でしかないはずですが、それでも日本人の短くボリュームの弱いまつ毛をなんとかするためには、まつ毛の仕組みを良く理解し、正しいケアをすることしか他に方法はないでしょう。

Top