HOME > まつげコラム > まつ毛が長い男性は女性ホルモンが多く分泌されているのですか?

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートに入れる
ikul

Q-Rコード

スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

まつ毛が長い男性は女性ホルモンが多く分泌されているのですか?

女性にとって、憧れの長くボリュームのあるまつ毛。
美容液に育毛剤、育毛薬、まつ毛エクステンション、つけまつ毛など、あらゆるアイメイクを活用して、なんとかボリュームアップを図ろうと日々奮闘。

しか〜し、実は男性の中には、そんな努力も一切必要とせず、生まれつきなのか、ふっさふさで長く、キュートでセクシーなまつ毛を持っている人多いですよね。

なぜ?男性の方がまつ毛が長いのか?
それって、男性ホルモンが関係しているのか?
ならば、自分のまつ毛を伸ばすには、男性ホルモンを大量に摂取したらいいのか?

そんな疑問で頭が一杯になっている人も少なくありません。
そこで、今回は、まつ毛とホルモンの関係について色々と調べてみました。

【「毛ぶかい」は遺伝だけじゃない!!】

フサフサのまつ毛や頭髪、体毛などなど、「毛」は遺伝だと思っている人も多いようですが、実は、遺伝だけではないのです。
ホルモンバランスや生活習慣も大きく関係しており、遺伝はその中の一つなのです。

お父さんとお母さんの顔や性格が子供に現れるように、「毛」と言う特徴も優性遺伝として現れます。
もうひとつ、まつ毛や頭髪、体毛が表現される時に関係するのが、「性ホルモン」です。

性ホルモンには、男性ホルモンと女性ホルモンの二つがあり、骨格が良く、男性らしい体つきを作るのが男性ホルモン。
一方、しなやかなで柔らかい体を作るのが女性ホルモンです。

【性ホルモンとまつ毛、体毛への影響とは】

では、性ホルモンがまつ毛や頭髪、体毛等にどんなふうに影響しているのかまとめてみました。
まず、男性ホルモンとは、まつ毛や頭髪、体毛を固く、増加させる、という作用があります。

ただ、体内の男性ホルモン分泌量が多ければ、必ずしも体全体の毛が濃く、太く、もさもさとした状態となるのではありません。
男性ホルモンによって影響をうけるのは、体の部位によって異なります。

例えば、男性ホルモンの影響を受けるのは、ヒゲ、胸、背中、耳、手足に、陰毛上、頭髪前、頭頂部、となります。
そして気になるまつ毛ですが、実は、性ホルモンの影響を全く受けない無性毛と呼ばれるもので、まつ毛以外にも眉毛、側頭部、後頭部、となります。

ちなみに、腋毛や陰毛下、などについては、両性毛となり、男女ともに、性ホルモンンの影響を受ける部位となります。
最近、お笑い芸人のしずちんやオアシズの光浦靖子さんが、「最近ひげが濃くなった」と悩んでいるようですが、あれはホルモンバランスが何かしらの影響で崩れ、本来10分の1ほどの割合で女性の体内にも存在する男性ホルモンが増加し、その影響を受けていると思われます。

ただ、体内の男性ホルモンの分泌がいくら増えても、無性毛のまつ毛に影響する事は残念ながらありません。
男性で長くボリュームのあるまつ毛をしている方は、優性遺伝による現れなのかもしれません。

【生活習慣による影響】

性ホルモンの影響を受けないなら、何をやっても問題ないわね。と思ってはいけません。
まつ毛やまゆ毛などの無性毛は、性ホルモンの影響は受けないものの、生活習慣による影響にとても敏感に反応します。

喫煙、飲酒、睡眠不足、過度のダイエット、スキンケア不足、食生活の乱れ、まつ毛に対するストレスが続くと、まつ毛等の毛先に栄養や酸素を運ぶ為に必要な血管の機能が低下。

血液の流れが悪くなるとそれと同時にリンパの流れも悪く、さらにその他の機能にも大きな影響を及ぼします。
その結果、まつ毛の毛周記が大きく乱れ、成長を阻害、切れ毛に脱毛、といった深刻な状態を招くことでしょう。

ホルモンの影響を受けないまつ毛やまゆ毛の成長をしっかりとサポートするためには、規則正しい生活、そしてきちんとしたスキンケア、まつ毛ケアは必要不可欠です。

ただ、生まれつき短く貧相なまつ毛でも今では、優れた美容液やまつ毛育毛薬、その他様々なアイテムが数多く誕生しています。
これらのアイテムを上手に活用することで、憧れのまつ毛をてに入れることも夢ではありません。

Top