HOME > まつげコラム > 秋にまつ毛が抜けるのは「夏」が原因?

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートに入れる
ikul

Q-Rコード

スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

秋にまつ毛が抜けるのは「夏」が原因?

秋になると、「抜け毛が〜」なんてドキドキしているおじ様方の姿をよく目にしますが、抜け毛が増えるのは、何も頭髪だけではありません。

まつ毛だって「毛」なんですから、「あたし関係ないわよ」と横柄な態度をとっているそこのギャルもOLさんも注意が必要です。
そしてなぜ、秋が抜け毛の季節と言われるのか、そこら辺を理解しなければ、秋が終わり、冬になって、そして新しい年を迎える頃になっても一向に抜け毛が治らない、なんて悲惨な結果に。

【なぜ秋は抜け毛の季節なんて言われるの?】

それは、人間も動物だから・・・。
冬に向け、毛母細胞の入れ替わりが行われる為、一時的な抜け毛が起こります。

この現象は、ペットでも同じで、季節の変わり目に、家中が毛だらけ、というペットあるあるを経験している人もいるのでは?
秋になると、夏の毛から、冬の毛へと入れ替わる、いわゆる生物の正常な体の働きであるといえます。

ただし、あまりにも抜けすぎるのは、ダメ。
まつ毛や頭髪が人と比べるとやや抜けすぎという場合は、「一時的な秋の抜け毛」ではなく、何かしら他の原因が隠されています。

正常な秋の抜け毛の時期を迎えるためにも、まつ毛や頭髪にどう接するべきなのか、その他、「一時的な秋の抜け毛」を阻害しているのか、考えましょう。

【秋の抜け毛を深刻にする「夏の過ごし方」】

まつ毛や頭髪の抜け毛が活発になる、季節の変わり目。
最近まつ毛が抜けやすいのよね、まつ毛とまつ毛の間に隙間があるような・・・と感じている人も、それは季節的な問題かも。

しかし、「あたし他の人よりもなんだか抜け毛の量が多いわ」とより深刻に感じている方は、「夏の過ごし方」が影響していると考えられます。

例えば、まつ毛パーマやマツエクをつけ、紫外線にまつ毛や頭髪をさらし、思いっきりビーチを満喫した。
にもかかわらず、美容液やまつ毛育毛薬を使ったまつ毛ケアや一切していない、なんて経験ありませんか?

それ以外にも、カラコンを日常的に使っているせいで、目が乾燥し、無意識に目をこすっている事が多い、成分や刺激の強いマスカラを使っているので、なかなか綺麗に洗えず、クレンジング剤でごしごしと目元をこすっている、メイク汚れが完全に落としきれず、毛穴に詰まっているかも・・・。

などの心当たりがある人が、夏の強い紫外線をガンガンあたり、大量の汗をかく、夏を過ごすと、秋に深刻な脱毛となってしまう事が分かっています。

特にケアを忘れがちなまつ毛は、髪の毛や肌と同じようにちゃんとケアをしてあげないと、抜け落ちやすい、折れやすい、量が少なくなりやすいなど、最悪の状態になってしまいます。

秋になる前のシーズンで、まつ毛にダメージを与えないようにするのはもちろんですが、正しくケアをすることも同じように大事なことと言えます。

【正しいまつ毛のケア方法】

秋の抜け毛の季節を快適に過ごすためにも、夏にまつ毛にダメージを与えないよう注意することはとても大事です。
美容液やまつ毛育毛薬等を取り入れたケアや、まつ毛の成長に必要な栄養をしっかりととり、紫外線やホコリ、脂等によるダメージを軽減するなど、色々な対策が必要です。

それ以外にも、マスカラやまつ毛エクテ、パーマの取り扱いにも十分な見直しが求められます。
十分なケアと、十分な栄養、そして十分な休養で、夏のダメージを軽減し、秋の抜け毛を予防できます。

その他のおススメのまつ毛ケアに、目元マッサージがあります。
まつ毛の成長を促すためには、目周辺の血行やリンパの流れが正常でなければいけません。

夜寝る前の1分間、まつ毛のマッサージを日課にするといいでしょう。
方法はとっても簡単です。

ハンドタオルに水を含ませ、ビニールにいれ、レンジでチンします。
程良く温まったタオルを、目の上に置き、30秒間の温パックをしましょう。

その後、目を大きく開いたり、閉じたり、右左、上下に動かすだけで、血行が良くなり、まつ毛の成長を促進できます。
と同時に、目の疲れやむくみ、たるみも解消できます。

そのあとで、美容液や育毛薬を取り入れるとさらに、効果は抜群です。

Top