HOME > まつげコラム > 目やまつ毛の老化の原因は「やりすぎるアイメイク」だった!!

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートに入れる
ikul

Q-Rコード

スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

目やまつ毛の老化の原因は「やりすぎるアイメイク」だった!!

30代から40代にかけて、鏡にうつる自分の顔の印象が「どこか変わった」と感じている人いませんか?
具体的にどこがどうとではないのに、なんとなく、若さが失われているような、そんなちょっとした違和感・・・。

いくらメイクに手間と時間をかけても、その違和感は、解消できない。
実はその違和感は、目元なんです。

年齢とともに、下がってしまうまぶたや目。
それが原因で顔全体の印象をどこかしら寂しく、若さがないような雰囲気を作っているのです。

「目もとのたるみや下がりを感じている」と回答した女性の20代で、およそ4割、30代ではその倍の6割以上がそのように感じているというデータもあります。

そして、年齢とともに下がる目元の大きな原因やまつ毛のアイメイクにあったのです。

【アイメイクが目元の老化に影響する?】

「あたし他の人よりなんとなく老けている」そう感じている人の中には、20代から30代にかけて、まつ毛エクステンションやつけまつ毛などのアイテムをフルに楽しんだという方が、とても多いという事実。

なぜこれらのアイテムが目元の老化を早めてしまうのかというと、まつ毛に対する重みが原因です。
目の周りの筋肉は、他の部位の筋肉と比較しても、とても弱く、その力は、およそ3分の1程度。

ちょっとしたストレスでもかぶれたり、かゆみや炎症を起こしてしまうまつ毛や目。
それなのに、1年間の重みを換算するとお相撲さん1人と言われる程の負担がかかるまつ毛エクステンションやつけまつ毛を、何十年も愛用し続けていれば、それはまつ毛やその周辺の皮膚に対する当然の仕打ち。

日々与え続けられるまつ毛や目の負担は、その重さに耐えきれず、「たるみや下がり」といった最悪の事態を加速させてしまう結果になっているのです。

アイメイクによるまつ毛や目の負担は、それだけではありません。
つけている時だけ負担がかかるのではなく、取り外しの際の「引っ張る力」によっても皮膚のたるみを引き起こしているというのです。

まつ毛エクステンションやつけまつ毛を引っ張るようにはがす場合の力は、大型のブルドックがリードを引っ張っている位だと表現する方もいるほどで、その負担もまた、想像以上です。

自ら与え続けている目やまつ毛の負担により、皮膚のたるみだけでなく、まつ毛の成長を阻害し、短くボロボロになったまつ毛、そして眼球への影響による視力低下といった深刻な状況になる可能性もあります。

【たるみ・下がり予防マッサージ】

まつ毛エクステンションやつけまつ毛、等のアイメイクによる負担を少しでも軽減するためにも、自分のまつ毛のケア、皮膚のケア、そして筋肉への負担を解消できるよう努めることが一番の解決策です。

その他、まつ毛や目の周辺のたるみや下がりなどの老化を予防するためにも、1日1回のマッサージを取り入れるといいでしょう。
方法は、とても簡単で、マッサージにより血液と、リンパの流れをスムーズにできれば、血液によって運ばれる栄養や酸素が、まつ毛の成長や皮膚の再生を促し、体内に蓄積されている水分や老廃物を排出出来る為、むくみも改善でき、顔全体の引き締め、小顔効果も期待できます。

たっぷりのマッサージクリームやオイルを手にとり、目の周りの筋肉を「ほぐす」、血液を流すように「さする」を意識しながらマッサージして下さい。

まつ毛や目の周辺の皮膚はとてもデリケートですから、力を入れ過ぎないよう注意しましょう。
また、マッサージの時間が長ければ、それだけ良いという事ではありません。

マッサージのやり過ぎは、活性酸素を生み出す原因となり、目やまつ毛、その周辺の皮膚の老化を早める原因となりますので、1日に5分程度を目安に行うようにしましょう。

何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」。
マッサージもそうですが、優れたアイメイクもやりすぎると、まつ毛や目への負担が大きく、綺麗になるどころか、新たな問題や悩みを生み出す原因となりますので、何事もほどほどにがコツです。

Top