HOME > まつげコラム > まつげ専門職人、アイリストになるためには?

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートに入れる
ikul

Q-Rコード

スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

まつげ専門職人、アイリストになるためには?

目元をきれいに大きく見せるために欠かせないのが、まつげエクステやまつげパーマ、まつげカラーなどが挙げられます。

つけまつげなど簡単に出来るものや、まつげエクステやパーマなどはサロンでの施術が必要なものまで、やり方は様々です。

ですが、最近はまつげパーマなど、キットを購入して自宅でセルフまつげパーマとして出来るものが出てきました。

実際、私も知らなかったのですが、ネットで購入出来て簡単に出来るとして、じわじわ浸透しつつあるのが、セルフまつげパーマなのだそう。

そんな中で、まつげエクステやまつげパーマなどの技術を学びたいという女性も増えてきているようで、そのまつげ専門の技術を持った人のことを「アイリスト」と呼びます。

以前は、資格や技術を持っていなくても施術をしていたのですが、トラブルが増加したため、厚生労働省により平成20年3月から施行された「まつげエクステンションによる危険防止の徹底について」により、「美容師免許」が必要となりました。

ただ、美容師免許を取得しても、アイリストとしての技術や目、まつげのメカニズムなどの本質的な知識も必要となります。

確かに、いくら資格を持っていても技術的なものや専門的な知識を持っていなければ、施術をお願いする立場から見れば多少の不安は拭いきれませんよね。

アイリストという国家資格はありませんので、国家試験となる美容師免許が必要となり、専門学校で約2~3年学びます。

とはいえ、そこで学ぶことといえば、ほとんどがヘアメイクの勉強が基本となるため、まつげの専門的知識は、個人の学ぶ努力が必要となります。

そこで、アイリストの技術能力の証明にもなる、民間の資格がいくつかあります。この技能検定で合格すると、「ディプロマ」(認定書)を受け取れます。要するにそれが唯一の、アイリストである証なわけですね。

まつげエクステやパーマのアイリスト専門スクールで、まつげに関する深い知識や技術を勉強することは、その後の就職先に有利です。スクールと全国のサロンとの提携で紹介状を書いてくれることも。

スクールに通ったうえで、検定試験で資格を手に入れることで、技術が高いアイリストとして通用します。

この技能検定にはいくつか種類があります。

●JLA技能検定(アイデザイナー技能検定)
受験者数が一番多いものとして認知度が高い技術検定です。協会規模「社団法人日本まつげエクステンション協会」が大きく加盟店も複数あるため、就職する時にこの検定を受けているかで決まることもあるそう。
・「1級」「2級」「公認講師」の3種類

●JEA技能検定(アイリスト技能検定)
JLA同様、次に多いとされている有名技能検定。加盟店や認定校はさほど多くはありませんが、「社団法人アイリスト協会」が行っている試験とあって、就職も優遇されます。特徴は、ディプロマ意外に、ライセンスカードが発行されるところ。
・「3級」「2級」「1級」の3種類

その他にも、JEBA(アイラッシュリスト技能検定)「まつげ美容協会」、JWA(レベルチェックテスト)「日本ウィングエクステンション協会」があります。

受験するなら、JLA技能検定がおススメのようです。受講料は1万~2万円ほど。レベルによって高くなります。

今や、多くの女性たちがプロのアイリストを目指して勉強に励んでいるわけですが、その背景には、美意識への高さが浸透しているだけでなく、「好き」を職業にしたい若い女性が増えてきていることもあるように思います。

ただ、技能検定や試験にしてもプロになるためには、生半可気持ちでは通用しないでしょうから、厳しい世界でもあるようです。まつげのビジネスもここまで来たかという感じですね。

たかがまつげと思うなかれ!ですか。
Top