HOME > まつげコラム > 効率よくまつげを育てるには?

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートに入れる
ikul

Q-Rコード

スマホサイト、ケータイサイトはこちらから!

効率よくまつげを育てるには?

「ビマトプロスト」という成分名を聞いて、まつげ育毛ね!と答えられる女性は、効率よくまつげ育毛ができるでしょう。

「ビマトプロスト」とは、今話題のルミガンの主成分です。

もともとは緑内障の治療薬として処方されていたルミガンですが、治療患者さんが毎日点眼するうちに、まつげが太く長くそしてボリュームがアップしてきたという、女性にとっては嬉しい副作用が報告されました。

もちろん、今でも緑内障の治療薬として眼科で処方されていますが、美容目的でも販売が可能になりました。

ただし、すべての眼科で治療以外の目的で処方してくれるということはないようです。

まつげの育毛治療を行っている眼科であれば、可能ですが、美容目的なので、保険適用外になってしまいます。

つけまつげ、まつげエクステ、まつげパーマなど、目力をアップさせたい女性にとって必要でとっても大切なアイテムは、自分のまつげにとっては大変なダメージを与えてしまいます。

自分のまつげを傷めるだけでなく、つけまつげやまつげエクステで使用される接着剤や、まつげパーマなどで使用されるパーマ液などは決して安全とは言い切れません。
ましてや、眼のまわりの皮膚は全身の中でも最も薄く、かなりデリケートな部位なので、皮膚トラブルを起こしやすいと言えます。

眼科医からすれば、できるだけ、安全な方法で自分のまつげを育毛する方が、結果的には効率の良いまつげ育毛になるようです。

ルミガンは、最近流行のまつげ美容液とは根本的に違います。

まつげ美容液はヘアケアで言えば、トリートメントのようなもの。トリートメントをつけることで、今、実際生えている髪の毛をさらさらにしてくれますが、抜けてしまえばそこでおしまいです。

ルミガンの場合は、育毛剤と同じなので、新しく生えてくるまつげ自体が太く丈夫で長くなるというものなのです。

土台に栄養を与えることで、しっかりしたものが生えてくるわけですね。しっかりしたものが抜けても、次からも丈夫なまつげなので、結果的には自分のまつげでエクステ並みになるというのもうなづけます。

もちろん、ルミガンを使用した翌日から効果を感じることはできません。じっくり育毛することで、早ければ1か月から遅くとも2か月目から効果を実感できる人がほとんどです。

ルミガンを使用することで、皮膚トラブルも回避できますから、結局は効率のよいまつげ育毛が実現できるのです。
Top